エステはエステでもアルバイト

エステシャンの方もいろいろな形態で働いているようで驚きました。
エステといえば決して安くない金額で、美を手に入れられる(?)という欲望を胸に女性が通う特別な場所です。

私がどれほどお金をせっせと貯めてはエステに貢いでいることか主人も知りません。

ある日のことです。
いつもの担当者ではなく、一段と若いエステシャンが私の担当になり、当然会話を交わしているうちに相手の皮が一枚、二枚とはがれ、アルバイトだと判明しました。

でも彼女は素直で世間知らずというか、会社の教育の落とし穴というか、アルバイトであることを何の抵抗もなく話してくれました。
技術に差がなければ客としは納得なのですが、やはり差を感じてしまいました。

「気をつけようバイトとプロで同一料金」

コスト削減は人件費が一番手っ取り早いのですが、技術や知識そして経験の流出というリスクも孕んでいます。
アルバイトの身分ならば、大した影響は無いかもしれませんが、正社員相手となると、そうはいかないですね。
同業他社で活躍なんて聞くと、リストラ失敗という思いも沸いてくることでしょう。

コスト削減は無駄な資金の流出を抑えることであり、必要なものを削る、という意味ではありません。
この意味は、実は非常に大きく、理解しているか否かでは、企業経営にまで影響します。
スマートなコスト削減を実現したいものですね。

»