ASEAN

ASEAN(Association of South‐East Asian Nations)東南アジア諸国連合は、東南アジア10か国での地域協力機構である。
欧州連合(EU)のように経済(関税率引き下げなど)や社会、平和、安全保障などの面で統合強化を目的としている。

現在の加盟国はインドネシア、シンガポール、タイ、フィリピン、マレーシア、ブルネイ、ベトナム、ミャンマー、ラオス、そしてカンボジアであり、東ティモールがASEANへの加盟を目指している。

地域内の人口は6億人あまり。経済成長は著しいが、政治的混乱が絶えてはおらず、大きな課題となっている。
中でもミャンマーの軍事政権参加にはEU諸国が懸念を示しており、域外との経済協力も難しい問題である。

日本は、発足当初からASEANとは緊密な関係を示しており、ASEAN首脳会議に日本・中国・韓国の首脳が加わったASEAN+3も開催されている。
世界情勢もさることながら、各国間の結びつきにも関心を示してほしいものである。

日本の経済の発展は、既に上限に近いものがある。
成長率も高くはないが、これからは先進国に蓄積されている経済活動に関するあらゆるノウハウを、途上国に輸出することも考えている事だろう。

関税撤廃の動きもあるが、当然、メリットデメリットはある。
我々庶民が考えなければならないのは、あらゆる事態を想定しておかなければならないこと。
一番の問題は、収入格差かもしれない。

世界の海に匹敵する石垣島でのダイビング
まだまだ潜り足りない人が感動する海。秘密のダイビングスポットあり。
www.blue-water-divers.jp/

«
»