栄養バランスの大切さ

体はすべてのもとです。
健康のために、栄養バランスをよく考え、一日三食をちゃんととりましょう。

食物が体にエネルギーを提供できて、そのエネルギーがカロリーで計算できます。
ビーフの熱量は毎88グラム約156キロカロリー、卵は毎88グラム約156キロカロリー、牛乳は毎100グラム約54キロカロリー、カボチャは毎85グラム約22キロカロリー、西瓜は毎59グラム約25~34キロカロリー等。

人間は食物のおかげで生きられます。
肉でも、野菜でも、果物でも、なんでも食べたほうがいいです。

しかし、偏食の癖をもってる人間もいます。
偏食なら、栄養のバランスを取れなくて、病気になりやすいです。
どんな食物でも栄養価値を持っています。

料理の作り方法によって、どんな食物もおいしくなれると思います。
健康のために、偏食の癖をやめて、栄養のバランスを取るのは大切です。

栄養士さんは人気職業のひとつですが、意外に地味な仕事ぶりに落胆する人も多いようですが、何がそんな派手なイメージがあるのでしょうか。
栄養士は病院や老人介護施設等の裏方に回り、食事を通して健康を維持する栄養指導のスペシャリストですから、表立ったことはありませんよね。

言葉のイメージが拡大しているのでしょう。
栄養士でも上位資格の管理栄養士を目指したいところですよね。

バランスの良い昼食を考える

週末のお昼ご飯って何にしようかと迷ってしまいます。
普段はお昼ご飯も自分だけだったり、仕事先でお弁当を食べることが多いので、栄養バランスをなんとなく考えながらも、適当な昼食になってしまいます。

でも週末は子供がいるので、子供が食べたいものを中心に栄養バランスを考えなくてはいけません。
子供はふだんの昼食は給食なので、とっても栄養バランスのとれた食事をしています。
それなのに週末は偏った食事をしてしまってはもったいないですよね。
でも、お昼ご飯に野菜とタンパク質とって考えるのって結構面倒で、麺類なんかが楽だなぁって思います。
だからやっぱり麺類中心の食事のときは、野菜サラダをつけたり、お惣菜を買ってきたりしてできるだけ考えるようにしています。
そんなときに便利なのが作り置きしている野菜のおかず。
たとえば、いろいろな野菜でナムルを作っておくと結構保存も効くし、いつでも出すだけなので便利です。
韓国では野菜の作り置きおかずをたくさん作っておくと聞きました。
それで、朝食からバランスの良い食事が出せるんですって。
なるほど、韓国ドラマなんかをみると、朝食の食卓にもおかずがずらっと並んでいて、さぞ主婦は大変なんだろうなぁって思っていたけれど、そんな秘密があったんですよね。
私も日本風の作り置きおかずを幾つか作っておきたいと思っています。
食事は毎日の中心ですから、出来るだけのことを努力していきたいと思っています。
今日もお昼ご飯、頑張ってバランスの良いものを考えようと思っています。

肉食でもバランスが大事
新鮮な高級肉の食肉卸業者
徹底した品質管理と熟練の職人による加工の安心と実績は業界トップクラス
meat-kimura.co.jp/

«
»