痛風と診断されました

主人が季節の変わり目になると体調を崩しがちで、いつも原因不明で終わっていたので、総合病院で検査を受けました。
検査結果は高尿酸血症と診断されました。

これは血液中に尿酸が多くなり、その尿酸塩が関節にたまると痛みをともなう発作を起こすことです。
昔から言われている痛風です。

ぜいたく病ともいわれていますが、そういわれる原因の一つに、アルコールの過剰摂取、栄養の偏った食事、肥満などが原因で尿酸が体内で多く生産されるからです。
その結果尿酸の排泄が悪くなり、放っておくと痛風だけでなく、さまざまな病気を合併することになりかねません。

脳の血管障害や心疾患、腎障害や結石などです。
医師から投薬してもらいましたが、生活習慣の改善が第一だと指導を受けました。

あれ以来、ペットボトルで2リットルの水を毎日飲んで、朝早く起きてウォーキングをしています。
仕事上どうしても外食が多くなりがちですが、家での食事も野菜を大量に摂取できるようにスープや鍋料理を取り入れました。

健康が一番ですから、今回は私も料理を勉強したいと思います。
運動のやり過ぎはいけないかもしれませんが、長く続けられるものがやりたいですね。
無酸素運動よりは、水泳などもいいのかもと思います。

ところが一番気軽に出来るのは、ストレッチだったりするので、その方面でも少しは勉強してみたいですね。
ラジオ体操が直ぐにでもできそうです。

嬉しいダイビング
ダイビング免許を石垣島で取得
初めてのダイビングは旅行で訪れた石垣島の少人数制スクールが思い切って出来ます
www.blue-water-divers.jp/
関連:www.marie-de-mazet.com

«
»