韓国ドラマから感じたこと

韓国ドラマな日本だけでなく、中国やほかの国にもすごく人気があります。
男優がかっこよく優しい、女優が美しく性格がいいなどとみんなに感じさせます。

見た目の美しさは韓国の美容整形技術のおかげでしょう。
大学入学のお祝いとして、両親から整形手術の許可をもらうこともあったそうです。

また、韓国ドラマの中、男女主人公はお互いに深く愛していて、結局両親に反対され、あるいは、一人病気になったり、事故にあったり、2人は同じお父さんやお母さんを持っていたりして、なかなか一緒にできないストーリになります。

その愛は、毎日「愛している」と口にしているわけではなく、相手のことを自分のことよりよく考え、犠牲しても相手のために後悔しないなど、すごく感動します。

日本では、ドラマに没頭して、現実離れの発言などをすると「ドラマの見過ぎ」と言われます。
作り物は偶然と違って、どうしても意図が見えてくるんですよね。
確かに、作品として見れば、何を訴えたいのかを汲み取ることも必要ですが、現実世界とリンクさせてはダメですね。

韓国ドラマも日本ではかなり大流行し、ロケ地ツアーなども盛況だったということですが、今はどうでしょう。
すっかり熱も覚め気味ですし、当時、ワーワー騒いでいた奥様方も過去を恥じるような感じの人もいます。
熱中すると周りが見えなくなり、自分の世界が全てだと思い込んでしまいますからね。

外国語をたくさん学んできた今は韓国語を勉強してみたい

韓国ドラマにK-POPと韓国語が溢れている今なら韓国語の学習が楽しくできそうだと思う。

私は外国語を勉強するのが好きで、今までに英語、ドイツ語、スペイン語を学んできました。
そのなかで英語とスペイン語はちょっとした会話はできるくらいになりました。
今は、子供が英語の勉強をしているので一緒に予習や復習をして、忘れてた単語を思い出したりして英語の勉強を楽しんでいます。

最近興味がある外国語と言えば韓国語です。

韓国には2度旅行したことがあるのですが、初めて行ったのは今から15年以上も前でその頃は今の様に韓国ドラマも流行っていなかったし、K-POPなんて全然知らなかったのですが、何より韓国料理が好きで友人と旅行しました。
でも、残念ながら韓国語は全く理解できなかったので、旅行を100%楽しめたとは言えません。

2回目の韓国旅行は、それから数年後でした。
その時もあまり韓国の事を知っていたわけではなかったけれど、言葉もちょっと勉強していったので初めての時よりは楽しめたと思います。

その後、韓流ブームがやってきて韓国のドラマを見る機会が多くなったり、K-POPアイドルも日本にたくさん来るようになって、私も興味を持ち始めました。
今では当たり前のように韓国ドラマをみて、K-popをBGMにしている私。

特に勉強しているわけではないけれど、韓国語の単語が自然に頭に入ってくるようになって、だんだんと短い会話なら理解できるようになってきました。
こんなふうに当たり前に韓国語が溢れている今なら、勉強してもすんなりとカラダに入ってくるような気がするので時間の余裕があったらぜひ韓国語の勉強を始めたいと思います。

«
»