教育美学の目標と実行意義

教育美学が研究する目標は、どのように品格を高めることや、人をもっと優質な精神生活を求めさせることです。
この精神生活は人の感官的な楽しみと満足を基づいています。

例えば、音楽は聴覚を基づいて現れた想像世界の精神満足で、絵画は視覚を基づいて現れた想像世界の精神満足で、芝居は文学、舞台公演、服装、照明、背景などの多種のメディアを総合する芸術です。

教育美学の主旨は美学研究と芸術体験を通じて、品質を高めることと精神生活を充実することが人生の意義と価値を表します。

この趣旨への研究は教育学術研究の時に強化する必要があると思います。
教育美学はこの10年以来の教育改革の中に最も必要に見られました。

教育美学研究は現代教育改革実践に欠けられない重要な原因になります。
ただ、あまりにも理想論だけで突っ走るのは、ゴールが見えません。
逆に精神世界への突入とも受け止められるような気もします。

この理想を追求した結果、あまりにもひどい結果を生み出したのは「ゆとり教育」ではなかったでしょうか。
今「ゆとり教育」の世代について、欠点ばかりをあげつらうのではなく、良いところを見付けようとしてる言動もあるようですが、基礎的な部分が脆弱であればそれも無意味です。

やはり教育も身体も体幹部分を鍛えていなければ、能力は発揮できません。
体幹は脆いけど健康である人がいないように、基礎や土台といった目立たない部分は、ある意味強制的に鍛えておくべきだと思うのです。

人間の品質にかかわりますからね。

品質が確かな加工肉パック
品質の良い食肉卸の加工品
愛情と情熱を注がれた肉牛や豚・鶏の美味しさを引き出す食肉卸業者のサイト
meat-kimura.co.jp/

«
»