男女平等とは

男女平等というのは、非常に難しいですね。
仕事でも、もちろん職種により、コンピュ-タ-を使う企業に限られるだろうが、私はそういう企業で働いたことがあるが、確かに成果を果たしていれば何も言われることはなかった。

こういう企業に勤めるてみると、女性の環境が変わり家に居なければならないとしても、また男性あっても子供をみなければいけない時など、自分の自由に仕事の計画をたてることができる。

セキュリティについてはどうなるのかと心配されるかもしれないが、心配ご無用、今の技術では個人宅から会社のサ-バ-を使用できるよう設定することで不正なアクセスや情報漏えいがふせげる。

しかし企業がこのシステムを用意するのにはどうしてもコストがかかってしまうゆえ、もう少し国民が社会の男女平等の波を高め企業の考え方を変えるようと努力するとともに、政府としても男女平等の為にいかに貢献できるかこのム-ブメントに合わせてサポ-トの姿勢を変える必要があるかもしれない。

在宅ワークという働き方も、大企業は真剣に検討し始めており、一部の部署では既に実行済みという企業も存在する。
働き方の多様化によって、ひょっとすると男女の性別に関わらず、活躍の場が生まれる可能性も出てきた。
産休中であっても、いくつかの業務が出来ることもあるだろう。

男性も育児休暇が長ければ長いほど、家族も安心だろう。
男女平等ではなく、仕事スタイル平等を掲げれば良かったのだ。

女性が気持ちよく働ける環境
就業管理システムの料金体系
ベーシック型とスタンダード型で2000人までなら利用人数・利用拠点に制限なし
biz-work.jp/
関連:www.vistasdelamarina.com

«
»