古き良きモノを知る

文化と言えるかどうかはわかりませんが、古き良きモノを知るということは、文化的な行動ではないかと考えています。

常に最先端に目が向きがちではありますが、その源流となったものは何かを追及するのは、ロマン溢れることですね。

例えば、歴史。
戦国武将に関心を抱くことを発端に、日本の歴史を見直す女性を「歴女(レキジョ)」と言うそうですが、学生時代には何も響かなかったことが、成長するにつれて心境に変化が訪れることはあることです。

どのようなきっかけでも、古き事に触れて、新しく知識を蓄えることは、非常に文化的な営みではないでしょうか。
一過性のブームだったとしても、興味を以て調べたりしたことは、記憶に深く刻み込まれていますので、中々忘れないものです。

お年よりが昔話に花が咲くのは、深く刻まれた記憶の引き出しが多いからでしょう。
それを聞いた若者の記憶に深く刻み込まれれば、自然に伝承されていくものです。
文化とは、自然に伝承される、という特性を持っているのかもしれませんね。

さて、戦国武将もいいですが、住んでいる地域の歴史を紐解くことも、楽しみの一つではあります。
図書館などに、ひっそりと置いてあるかもしれません。
外国産の自動車関係の歴史を必死に調べている人もいましたね。

外車・輸入車専門出張車検なら、古き良きスポーツカーも大事にしてくれるでしょう。

昔から良い肉の食肉卸業者
和牛から輸入牛肉、豚肉、鶏肉、内臓類など、豊富な種類の業務用精肉をご提供
meat-kimura.co.jp/

«