GPSと返ってきた携帯

先日長崎へ旅行した時のこと。
最終日に突然高熱が出てしまい、帰り道は後部座席でもうろうとしながら横になっていました。

山の中の一本道にぽつんと建っていたドライブインのようなお店に入りトイレを借りたのを覚えています。
無事自宅に帰り一晩あけてみると携帯がどこにもない。
買ったばかりだったので諦めきれず、すぐに顧客センターへ問い合わせをしてGPSサービスにその場で加入しました。

携帯の所在地の周り数キロ程度にしか場所を特定できないのですが、どう見ても長崎の山の中。
拾われて山に捨てられたかと一瞬思いましたが、よくよく見ればどうもあのドライブイン付近。

すぐに長崎県警に電話して事情を話すと、ドライブインの店長さんから届出があったようで、無事返ってきました。
GPSもさることながら、店長さんの人柄の良さに救われた事件でした。
すごく幸せな気分になったのですが、これを私だけのものではなく、他の人にも伝播させなければならないですね。

考えてみれば、あのドライブインはかなり繁盛しているようでした。
ひっきりなしにお客さんが入ってくるのですが、きっとこういった善行が、また評判となってお客さんを引き寄せるんでしょうね。
法則めいたものが書籍でありましたけど、本当に現実的なことだなと初めてわかりました。

それとGPSという機能のお蔭ですね。
スマートフォンにはGPSが搭載されていて、使い方次第ではとても有益なツールなのかもしれません。

»