就職圧力を改善する措置

中国は世界に人口が一番多い国です。
新中国が成立されたばかりの頃、国の経済を発展するために生育を励ましましたが、何十年前の国策で中国の人口が激しい増加し、隠れた弊害も残りました。

現在、中国の人口は14億になって、人口高齢化の他、就職も大問題になりました。
就職は個人の問題だけでなく、政府の問題にもなります。

就職できない人の数が多すぎると、社会治安にも影響を与えます。
国は就職を改善するためにいろいろな措置を採用しました。

西部大開発や経済特区を設立するなど、大規模のフロジェクトを開発して、就職に促進しました。
今年の旧正月後、西南地方の政府は駅前で公募活動を行いました。
家を出かけなくても仕事ができて、給料も高そうなので、契約を結ぶ人が多いようでした。

世界の先進国と呼ばれる国々では、同様の就職問題に面していることが多いようです。
雇用の安定は、国富に結びつきますからね。
ところが、日本では求人数自体が伸び悩んでおり、大学に行けば就職が出来るという鉄板の進路も崩壊しています。

少ないパイを大勢の似たような学生が奪い合うという展開です。
この同じような、というところが、益々問題を深刻化させていることに気付いている人は、少なくありません。
同じという事は、誰をとっても同じということであり、優秀な学生は存在しないという前提になるのですからね。

これでは企業側も食指が動かないのは当然のことです。
資格を身に付けても即戦力にはなりません。

固有の技術は現場で磨かれるものであります。

«
»