フラワーショップ経営

友人がご夫婦でフラワーショップを経営しています。
小さな事務所からのスタートだったのですが、5年で2店舗を構えるほど大きくなりました。
最初はネット販売をしていたようです。

売れ筋商品はブルーのバラの花です。
当初その珍しさでクリスマス時期にはかなりの数を販売したようです。
まだその頃は従業員もいなかったので、友達が集まって徹夜でお手伝いしました。

私もその一人です。
今では従業員5名を雇うほどになり、母の日・父の日・敬老の日・クリスマスは大忙しです。

注文はネット販売がメインですから全国からきます。
最近では葬儀のお花も受ける事が決まり、ますます忙しくなりそうです。

しかし、一番の悩みは従業員がすぐに辞めてしまう事です。
仕事を覚えないうちに次から次へと人が入れ替わるそうで、私が知っているだけでも5年で6人辞めています。
原因は社長なのですが、なかなか厳しい方ですから、社長のお目がねにかなう人でないと難しいようです。

これから会社を大きくさせたいなら、やり方を変えなければ人はついてこないと言いたいのですが、数々の武勇伝を知っているだけに怖くて言えない私です。

ワンマン社長は、こういった威圧的な態度を取りがちであり、社員の定着率を悪化させている原因でもあるのですが、自覚が無いために、人材不足に責任を転嫁するのが特徴です。
もしくは待遇面を改善すれば良いと思っていることもあります。

しかし、従業員数十名規模の会社の待遇は、相場が決まってますからね。

花や自然に触れられる生活をしたい

大抵花を切らさない我が家ですが、最近は少々忙しくて花を買いに行けていません。
近所にもお花屋さんがあるのですが、高いのでここで買うことはあまりありません。

車で少し行ったところにあるお花屋さんは行きつけのお店で、とても安くて良い花を買えるのが魅力です。
しかし、そこに行く時間が取れないでいるのです。
おかしなもので、比較的時間に余裕がある時もあれば、次から次へと何かしら発生して忙しくなることもあります。
波があって、今のようにあれこれと大変な時もあるのです。
ただ、良い理由で忙しいのでこの状態に満足しています。
落ちついたら、さっそくあのお花屋さんに行きたいと思っています。
庭の手入れをしながら、色んなことを考えます。
最初はとにかくやらなければという焦りから、庭に出て草をむしったり芝を刈ったりするのですが、いつのまにか心地よく癒されていることも少なくありません。
手も草の汁が付いて緑色になってしまったり、泥が爪の中に入ってしまって大変なのですが、やり終えた時のすっきり感は何とも言えません。
だからやっぱり私は、土いじりが好きなのです。
ほんの小さなお庭ですから、手入れができてるのだと思います。
広い敷地であれば、そんなのんきなことは言っていられないでしょう。
私のような人間は、すぐに嫌になってしまうと思います。
程よい広さで、私にぴったりの広さ。
この庭がいつも私を癒してくれるのです。
家の中にお花があって、庭にも何かしら咲いている。
特別なこだわりが無くても良いから、こんな自然に触れられる生活を続けて行きたいと思っています。

»