公定歩合

公定歩合とは、日本であれば日本銀行が、一般の銀行に対して貸し出す資金の金利である。
日銀が公定歩合を上げると銀行への貸し出しが減る。

銀行は貸出金利を上げるので企業や個人への貸し出しが減ることになるり、その結果、市場に出回る通貨が減るのである。
逆に公定歩合を下げると、結果として市場の通貨量が増えることになる。

市場に流通する通貨量をコントロールすることは、通貨価値の安定を図る日銀の重要な役割のひとつである。

規制緩和の政策として銀行金利の完全自由化がなされたあとは、金融市場で決められた金利を元に預金や貸し出しの金利が設定されるようになったため、公定歩合の存在価値が薄れてきている。
しかし、日銀の今後の見通しを知るうえでは、公定歩合は景気の判断基準となっている。

世界的に不況が続く現在では、日本の財政、特に自治体の疲弊は激しいものになっている。
海外では、国自体の財政が破綻の危機に見舞われることを、全力で近隣諸国が支援している地域もある。
国がデフォルトを起こすと、果たしてどうなるのか。

あまり想像したくないが、国の倒産は、国民が不安にかられ暴動が起こる可能性は否定できない。
近隣の国々にも波及するだろう。
一部の金持ちだけが、国外の安全な場所に飛び立つことも、安易に想像出来る。

もし日本という国が倒産した場合、どういう行動を取るのか。
妄想では無く、リスクを考えるということを捨ててはならないという意味で、シミュレーションすると良いかもしれない。

女性の仕事
就業管理ソフト
パソコンタイムレコーダー型、iPadタイムレコーダー型から選択
biz-work.jp/
関連:www.freebeer1981.com

«
»