会話という営業スキル

事務職から営業職へと転職して一番困ったのが、お客様と何を話したらいいかでした。
忙しそうにしている客先を訪問し何を話そうかと必死になっていた頃は、話し始めると頭が真っ白になってしまい、挨拶程度で帰ってきてしまうことが多かったように思います。

一体他の人はどうやってお客様と会話しているのだろうと不思議に思い、同じ営業所の先輩に同行させてもらうことにしました。

どこへ行っても天気の話から入る人、何もしなくても先方から話しかけてもらえる人、積極的に専門知識を紹介する人など様々でしたが、共通していたのは、みなリラックスしてごく普通に会話をしていたということでした。

緊張しないようにする、というのは努力でどうにかなるものではありませんが、慣れるしかないんだと開き直ってからは、少しは楽しんで仕事できるようになったように思います。

ここで気付いたことがあります。
ビジネスマンのマナー講座などで習ったことは、全く役に立たないということです。
マナーに意識し過ぎると、本来の目的を見失うのですよ。

大体、マナー講座の講師は、営業の最前線で活躍した、ということは一切聞いたことが無いので、実践的ではないことに早くから気付くべきでした。
おじぎの仕方で商談がまとまるわけではないし、印象を残すことが営業マンの仕事ではありません。

そもそも、相手のメリットになる情報を提供すれば、自ずと覚えてくれるものですからね。

仕事のやりがいと企業
就業管理の確認項目
残業の指示・申請・承認および予定と実績のチェックがリアルタイムで確認できます。就業管理のIT化はコチラ。
biz-work.jp/
関連:www.sheboygan-homes.com

«
»