マタニティ下着を買いに

弟の奥さんが妊娠しました。
実家が遠いので、出産準備も私がお手伝いをしています。

弟の奥さんは私と同じ年ですが、同性から見ても守ってあげたくなるような可愛いタイプの女性ですから、私は姉を通り越して母になった気分です。
妊娠がわかったばかりですが、マタニティ下着はすぐに必要になるので、早速一緒にお買い物に行ってきました。

私は以前下着メーカーに勤めていたので、口うるさいですが目は確かです。
素材やパターンを厳しくチェックし、良いと思える商品をだけをすすめました。

最近のマタニティ下着も研究開発が進んでいて、かなり良い商品が増えました。
それにデザインが豊富です。

ショーツはマタニティのLLサイズを選びました。
大は小を兼ねると言いますが、ショーツはまさにその言葉通りです。
臨月になるころには必ずLLサイズが必要になりますし、お腹の赤ちゃんをすっぽりと守るような履き込みの深さが必要です。

弟の奥さんは私の提案を快く承諾して下さいました。
LLサイズのショーツ…女性には抵抗があるサイズですが、きっと役立ちますから、私を信じてくれてありがとう。
素直に人には、いろいろとやってしまいたくなりますよね。

さて、今度は体調の不安定な時期の買い物の仕方を伝授です。
幸い、パソコンを持っていらっしゃるので、通販サイトを紹介しました。
私が利用していたショップは全て教えました。

下着用洗剤

先日、百貨店の下着売り場で下着を洗う用の洗剤を千円で購入した。
今まで知っていたようでスルーしていたが、下着は通常、他の衣服と同じように洗濯機で洗ったり脱水してはいけない。
ワイヤーやレースなど様々な素材を組み合わせて作っている下着は、自動洗濯にも向いてないければ、ましてや脱水などもってのほか。

ということは知っていたのだが、面倒なので分かっていながらもネットに入れて普通に洗濯物として洗っていた。
値段の張る下着を購入したときに、少しでもワイヤーが歪んだり、パットが縮んでしまうと、理想のボディメイキングができないので、高額な下着も意味がないと聞いて、そのときに一緒に洗剤も購入したのだ。

とくに表面にレースを使っている下着は、劣化が早く見える。
ただ、洗うときに気を付けることで、長く付けられるし、見た目がボロボロになることもないのだ。
小さなボトルに入った顆粒状の洗剤だが、特殊なことはなく、ようは中性洗剤。

ケミカルの力ではなく自然の成分で、汚れを落とすらしい。
お風呂に入る間に、洗面器にティースプーン一杯分の顆粒状洗剤を入れて、ぬるま湯を注ぐ。
そこに下着を浸けて普通にシャンプーをするなどして過ごす。

お風呂から上がるときに、すすいで軽く絞るだけで良いのだとか。
30秒脱水すると乾くのが速いと言われたが、それでも痛む気がしたので軽く絞っている。
でも、水がダラダラしたたるレベル。

それで、昼間の暑いときに、直接日光が当たらないように陰干ししている。
長く持つと良いな。

«
»